純正品に激似!?激安PS4互換コントローラーの闇を暴く!FPSでは使い物になるのか?

ゲーム関連

PS4のコントローラーって壊れやすくない?

こう思っているのは僕だけではないはず。

僕はFPSとかレースゲームをよくやるのですが、特にスティックの故障が多くて本当に困ります。

でも純正品のコントローラー(DUAL SHOCK 4)は8,000円くらいするので、気軽に買い換えられるものでもないですよね。

そんで最終的に行き着くのが、安く売られている互換品のコントローラーです。

今回はこの互換品コントローラーが純正品と同じように使えるのか比較してみます。

PS4の互換品コントローラーの購入を検討している方がいましたら、一度この記事を読んでみてください。本当に、損はさせませんので。

結論から言うと…

サクッと結論から言いますと、コントローラーとしては使えます。

しかし、FPSやレースゲームなど繊細なスティック操作が必要なゲームでは使い物になりません。

どういった部分で使い物にならないのかは後ほど詳しく紹介していきます。

それでは純正品と互換品の比較をしていきますので、最後までお楽しみください。

PS4純正コントローラーと互換品を比較

▼今回僕が購入した互換品のコントローラーがこちら。

PS4互換コントローラー ダブルショック4
購入したPS4互換コントローラー

その名も「DOUBLESHOCK4(ダブルショック4)」です。

ん?

純正品が「DUALSHOCK4(デュアルショック4)」で互換品が「DOUBLESHOCK4(ダブルショック4)」。そしてこのいかにもなパッケージ。

もうこれ以上は何も言いません…。重要なのは操作性ですから。

▼この互換品コントローラーはAliExpressで2,000円以下で購入できます。

AliExpressで売っているps4互換コントローラー
AliExpressでは1622円で日本への送料無料で買える

しかし今回僕はフリマアプリのクーポンを利用して購入しました。

▼メルカリなどのフリマアプリでは3,300円〜4,000円程度で販売されています。

メルカリで売っているPS4互換コントローラー
メルカリでは大量に出品されている

ただ、「互換品」として販売されているものがほとんどですが、ごく稀に純正品として出品している悪質な出品者もいるので要注意です。

また、僕が探した限りではAmazonや楽天などの大手通販サイトでは売っていませんでした。

まぁこの見た目ですからね。大人の事情ってやつで販売できるものではないのでしょう。

もし、フリマアプリなどで購入する場合は、自己責任で購入してくださいね。

外観の比較

▼パッと見た感じ純正品なんじゃないかと思うくらい姿形は似ています。むしろ形は完全に同じです。

純正品から型取りして作ったんじゃないかって思うくらい同じですよね。

形が同じなので握ったときのフィット感は純正品と全く同じです。

互換品のPSボタンには、当然ですがプレイステーションのロゴはありません。

▼裏面には純正品と同じように個体識別用のシリアル番号がらしきものがありますが、恐らくこれはただの飾りでしょう。

左が互換品、右が純正品(シールは剥がれています)

見た目で一番大きな違いがあったのは、LEDの光り方です。

純正品はLEDがゆっくりと滑らかに点滅するのに対して、互換品は細かく段階的に点滅します。

▼動画でもわかりやすく比較していますので、詳しくはこちらの動画をご覧ください。

【PS4】純正品に激似の互換コントローラーを徹底比較!FPSなどで使用できるのか検証してみました

外観の違いとしてはこのくらいで、ほぼ純正品と同じ見た目であることがわかります。

見た目的に純正品に似てるからと購入する方も多いみたいですね。

ボタンの押し心地の比較

押し心地に関しては、文字でも動画でも伝わりにくい部分なので、サクッといきます。

まず十字キーは純正品より柔らかい押し心地ですが、気になるレベルではないです。

R3、L3(スティックの押し込み)は純正品よりカチッと押す感じが強く、いつもよりしっかり押し込む必要があります。

▼スティック押し込み時のクリック音は動画で確認できます。

【PS4】純正品に激似の互換コントローラーを徹底比較!FPSなどで使用できるのか検証してみました

◯△□×のボタンは純正品より少し硬くストロークが長いので、連打がやりにくい感じの押し心地です。

そのほかは純正品とほぼ同じような押し心地でした。

ただボタンの押し心地に関しては、激安互換品なので個体差があると思われます。

ボタンが引っかかるというレビューもちらほらあるので。

ボタンの操作感(反応速度)を比較

十字キーや◯ボタンなどの操作感についてですが、実際に比べてみた感じだと若干のタイムラグがあります。

最初はあまり気にならなかったのですが、使っているうちに少しレスポンスが悪いかな?と感じる程度です。

僕は少し気になるレベルでしたが、人によっては気にならないくらいのラグだと思います。

▼こちらも動画で詳しく比較していますのでこちらをご覧ください。

【PS4】純正品に激似の互換コントローラーを徹底比較!FPSなどで使用できるのか検証してみました

スティックの操作感(反応速度)を比較

さて、今回の本題であるスティックの操作感ですが、互換品はここがマジで最悪でした。

具体的には、スティックの倒し込み量と実際に動く量が一致しないと言う点。

純正品コントローラーはスティックを少し倒すとカーソルがゆっくり動き、スティックの倒し込み量が増えると、カーソルの動きも緩やかに早くなります。

▼純正品コントローラーのスティックの動きをグラフにするとこんなイメージです。

純正コントローラーのスティック操作イメージ
滑らかな曲線を描くイメージ

対して互換品のコントローラーに関しては、スティックを少し倒し込むとカーソルはゆっくり動くのですが、スティックの倒し込みがある一定の位置を超えると急激にカーソルの動きが早くなる感じです。

▼互換品コントローラーのスティックの動きをグラフにするとこんなイメージです。

純正コントローラーのスティック操作イメージ
段階的な動きになるイメージ

最初に少しの遊びがあり不規則で段階的に動き量が増し、スティック操作量が半分手前で入力値が100%になってしまうイメージです。

急激に動きが早くなってしまうことにより、FPSやレースゲームなどではまともに操作できませんでした。

さらに酷いのが、スティック操作の遅延(タイムラグ)です。これはゲームのコントローラーとしては致命的。

当然ですが、純正品はスティックの操作とゲーム上のカーソルの動きが一致して、ほぼ遅延することなく操作できます。

互換品に関しては、スティック操作とゲーム上のカーソルの動きに若干の遅延があり、これは普通にゲームをしている人ならわかるレベルです。

▼百聞は一見に如かずということで、スティック操作の比較動画をご覧ください。

【PS4】純正品に激似の互換コントローラーを徹底比較!FPSなどで使用できるのか検証してみました

明らかに互換品のコントローラーは反応が遅れていて、思うように操作できていないことがわかります。

これらの理由から1/100秒、1/1000秒を争うゲームでは使い物にならないコントローラーと断言できます。

まとめ

メルカリなどのフリマアプリで売られている純正品激似のPS4互換コントローラーを実際に購入して、徹底的に純正品と比較してみました。

一応コントローラーとしては機能しておりゲームを操作することは可能です。

しかし、互換品コントローラーは操作に遅延が生じてしまうので、FPSやレースゲームなど、反応の早さと繊細な操作が求められるゲームでは使い物になりませんでした。

こんなものに数千円無駄に使うくらいなら、最初から純正品のコントローラーを購入した方が100倍ましです。

僕も大人しく純正品をAmazonでポチるとしますか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました